【WS】CIRCUS20th 発売前タイトル紹介記事 「音楽」デッキ【ヴァイスシュヴァルツ】

コラム

「D.C.」シリーズ大好き!きさらぎです!

初めまして。
以前の記事を読んでくれた方はお久しぶりです。
今回記事を書かせていただく、「きさらぎ」(Twitter)です。
よろしくお願いします。

第三回目は「音楽」デッキ!D.C. D.C.Ⅱの作品を中心としたデッキになります。
今回もこれまでの記事同様にコンセプトは

「カードゲーマー」視点ではなく
「エロゲーマー」視点として紹介しようと思います。

  • WSをあまりプレイしていないけどD.C.なら知ってる!
  • 対戦したことあるし、デッキも持っているけど作品はプレイしたことない

という人向けに書いていきますので
よろしくお願いします!

今回はそれに加えて自分が知っている過去の大会や当時の状況なども合わせて紹介させていただきます。

駿河屋 ヴァイスシュヴァルツブースターパック サーカス 20th Anniversary

デッキレシピ

【ヴァイス - 生徒会】
枚数
カード名
50枚
音楽
2枚
遊々亭 駿河屋胸のドキドキ みっくん
2枚
遊々亭 駿河屋水着の美夏
3枚
遊々亭 駿河屋踏み出した一歩 小恋
3枚
遊々亭 駿河屋“友達”という宝物 舞佳
4枚
遊々亭 駿河屋“3バカ”杉並&義之&渉
4枚
遊々亭 駿河屋水着の眞子&萌
2枚
遊々亭 駿河屋パジャマの茜
2枚
遊々亭 駿河屋水越 萌
3枚
遊々亭 駿河屋夢の世界へ 萌
4枚
遊々亭 駿河屋仲良し雪月花 杏&小恋&茜
2枚
遊々亭 駿河屋帰ってきた笑顔 美夏
1枚
遊々亭 駿河屋わたしの気持ち ななか
2枚
遊々亭 駿河屋ウェディングドレスのことり
4枚
遊々亭 駿河屋真夏の恋 小恋&音夢&ななか
4枚
遊々亭 駿河屋変わらない故郷 小恋
4枚
遊々亭 駿河屋誓いのキス
4枚
遊々亭 駿河屋もう、忘れない

このリストはガチャログ.comによって作られました。
このリスト登録番号「32158974」をガチャログで編集できます。
一部レイアウトや項目などはガチャログ様から出力されたものを元に独自に改変しています

動かし方


序盤
集中や「夢の世界へ 萌」のコストを稼ぐためにレベル0から2~3回アタックしていきます。

中盤
「真夏の恋 小恋&音夢&ななか」の早出しを目標にし場を整えます。終盤に向けてダメージを相手よりも受けているなら「変わらない故郷 小恋」を複数、そうでないなら「ウェディングドレスのことり」を中心に手札に集めます

終盤
「変わらない故郷 小恋」と「ウェディングドレスのことり」でダメージを与えていきます。

「音楽」デッキの歴史


音楽を持つ代表的なキャラは

  • 「白河ことり」
  • 「白河ななか」
  • 「月島小恋」
  • 「水越姉妹」

になります。
初期のタイトルの「D.C. D.C.Ⅱ」では「音楽」デッキというものは組めず、
デッキと完成し始めたのは「D.C.ⅡP.C.」のパックからになります。

~2010年度~


「D.C.ⅡP.C.」が発売されます。発売日は「8月27日」なので
この記事が投稿されている頃にはちょうど10年ですね。


当時はこのパックから出る「くすぐったい毎日 音姫」が一番の当たりで次いで「変わらない故郷 小恋」でした。
しかしタイトルカップでは「パジャマのことり」「気配り上手な奥さん ことり」など
序盤からパワーが高く、アンコールを持つこともあり音楽デッキの使用者が多いイメージでした。
当時の地区大会で開催されたタイトルカップでも入賞のほとんどは音楽デッキでした。当時の大会入賞レシピは公式サイトから確認できるので気になる方はそちらをチェックしてみください。

~2012年度~


待望のD.C.タイトルの追加が来ましたが「D.C.Ⅲ」では音楽キャラは登場せず、強化はされませんでした。
「魔法」や「生徒会」が強化され「音楽」デッキは、タイトルカップからも徐々に姿を消していきます…

~2013年度~


ここで大きな追加として「D.C.~ダ・カーポ~10thアニバーサリーミックス」が発売されます。
当時はそこまで評価されていなかったですが「わたしの気持ち ななか」はここで収録されました。


またこのパックで「水越姉妹」のカードが多く収録され
「音楽+鍋」デッキ
というものが構築可能になりました。

しかし水越姉妹のカードは「鍋」を参照するものが多く、
既存のデッキとは微妙にかみ合わない。
また「こそばゆい未来 姫乃」を使用した魔法デッキが流行ったりするなど、タイトル内で「音楽」デッキの使用度は低いままに…

しかし「“3バカ”杉並&義之&渉」や「わたしの気持ち ななか」は汎用カードという認識になり音楽以外のデッキでも採用されていくようになります。

“3バカ”杉並&義之&渉

~2014,2016年度~


D.C.Ⅲがアニメ化されたり、しろくろフェスで先行発売されたりなどD.C.タイトルの追加パックは発売されていきますが主軸は「D.C.Ⅲ」に、「D.S.」でも音楽キャラは登場せず強化されず…

~2018年度~


そして数年が経過し一番強化されたのは「ダ・カーポ vs リトルバスターズ!」になります。
レベル1のクラマックスコンボでキャラを加えることが出来る「仲良し雪月花 杏&小恋&茜」
集中で音楽キャラを山札から加えることが出来る「水着の眞子&萌」

レベル3のフィニッシャーとして「ウェディングドレスのことり」が収録され出来ることが格段に増えました!

しかし魔法デッキや生徒会デッキも格段に強化されタイトルカップでも日の目を見ることはまだまだ先の話に…

集めておきたいカード


先日、先行カードイラストが公開され音楽で注目するのはこちらの小恋!

今までの小恋は緑のみの収録だったため緑を中心としたデッキになりましたが
今回の追加で青中心の構築がぐんと組みやすくなりました。そこで集めたいのが先ほど紹介したこちらのカード

「水着の眞子&萌」の「集中」は今回発売されるパックでも収録されるとは思いますが、
今まで発売された「anniversary」タイトル通りにいくと特徴は「anniversary」が固定で、それ以外に1つか2つの特徴を参照する形になりますので、「音楽」を参照する保証がないので集めておきたい一枚です。

「仲良し雪月花 杏&小恋&茜」は現状唯一の音楽キャラのサーチ用キャラになり後列に「anniversary」を置いておけばこのキャラでも「anniversary」を持つキャラを手札に加えることが可能なので採用候補の1枚になりえるカードです。

「月明かりの告白 小恋」「仲良し雪月花 杏&小恋&茜」で参照する特徴についてですが

  • 特徴なし→茜
  • 演劇→杏
  • 音楽→小恋


雪月花がどれも参照できるような配慮がされています。

茜は既存だと「パジャマの茜」サーチすることが出来るので
今後の追加内容によっては集めてもいい1枚かもしれません

パジャマの茜


「わたしの気持ち ななか」も現在は再録情報がなく汎用カードなので1枚持っておきたいカードですね。
同じ効果で「妹キャラへのこだわり 乃絵理」が公開されましたが特徴が合わず、色も赤ということで採用は厳しいかもしれません。

小恋について


このデッキの主軸でありD.C.2ではメインヒロインの一人です。
アニメ「D.C.2」では朝倉姉妹ではなく、小恋がメインヒロインになるなど活躍しました。
(アニメの内容はちょっと可哀想でしたが…)

主人公の義之とは幼馴染でずっとクラスメイトという関係。
風見学園に入学した後は「雪月花」の「」担当で杏と茜のいじられキャラという立場に

担当楽器はベース。スタイルは茜に引けを取らないくらいグラマラスな体形
義之には、小さい頃から想いを寄せていますが、
伝えらずズルズルと引きずってしまうことに…

ななかとは親友で、ななかから見たら数少ない女友達。
そのせいで義之のことを巡りもめることも

D.C.作品における「音楽」について


ことりやななかのように歌を歌う人もいれば萌や眞子、小恋のように楽器を弾けるキャラはまとめて特徴に「音楽」があります。

魔法との直接の関係はあまりないですが、「D.C.」というシリーズでは大事な要素ですね。
主題歌や挿入歌、グランドエンディングには何回も泣かされました

曲の中で一番思い出深いのは美夏ルートの最後に流れる「仰げば尊し」ですね。
美夏ルートであった出来事を踏まえて、最後に流れる美夏の卒業式の曲…ほんとに良かった思い出です。

カードでいうとバナナフッズエンドのシーンになります


ただ、この美夏ルート(PS2版)をプレイしたのは、当時中学生で自分の卒業式よりも早く仰げば尊しを聞いて卒業式の時には
「あ、これD.C.Ⅱで聞いたやつやー」
となり感動もへったくれもありませんでした。とっても悲しい

まだまだ期待できる音楽強化!その理由は…


少々話が脱線しましたが次は「D.C.4」との関係です。
まだ公開されていませんが「音楽」の強化は来るのでは?と個人的には思っています。
その理由は「D.C.4」のキャラにあります。

D.C.4は音楽に関連するキャラが、メインヒロイン、サブキャラ、そして主人公とそろい踏み!、

メインヒロインの「鳳城 詩名」はピアノが弾け、詩名ルートではそれが重要な役割を果たしています。

鳳城 詩名 (ホウジョウ シイナ) CV水瀬いのり


サブヒロインでは「KotoRi」がヴァーチャルマイチューバーとして作中では歴代のD.C.楽曲を歌ってくれます。
見た目や声はどこかの誰かと似ていますが詳しいことは「D.C.4」の記事をお持ちください。

そして、主人公も詩名と同様にピアノを弾くことが出来ます。
得意な曲も詩名と同じ曲ですがとある事情によりピアノを弾くことが出来なくなっています。

久々にがっつりと音楽に関係するキャラがいますので期待大です!

終わりに


いかかでしたでしょうか?
今回は「音楽」を中心とした紹介となりました。記事を書いている内に当時のことを色々思い出したりして懐かしさがこみあげてきました。こういう部分でも楽しむことが出来るのでカードゲームっていいものですね。
感想やコメントがあればTwitterで受け付けていますのでそちらのほうによろしくお願いします。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!


D.C.4 ~ダ・カーポ4~ [初回限定版]

ヴァイスシュヴァルツ CIRCUS 20th anniversary|を駿河屋d検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました