シングルカードを買うなら遊々亭!

詳細はこちら

BOXを買うなら駿河屋
予約はこちら

【WS】ダ・カーポ「新聞」デッキ サーカス20th 発売前紹介記事 【ヴァイスシュヴァルツ

「D.C.」シリーズ大好き!きさらぎです!

初めまして。
以前の記事を読んでくれた方はお久しぶりです。
今回記事を書かせていただく「きさらぎ」です。
よろしくお願いします。

今回の記事は先日参戦が発表された「CIRCUS20th」
に収録されている「D.C.」「D.S.」シリーズを
ヴァイスでカード化されてるものを交えながら
紹介していこうと思います!


以前、「グリザイアの果実」にて
紹介記事をいくつか投稿しましたが、

今回も以前の記事同様にコンセプトは
カードゲーマー」ではなく「エロゲーマー」視点として
紹介しようと思います。なので

  • WSをあまりプレイしていないけどD.C.なら知ってる!
  • 対戦したことあるし、デッキも持っているけど作品はプレイしたことない

という人向けに書いていきますので
よろしくお願いします!

デッキレシピダ・カーポ新聞デッキ

【新聞】
枚数
カード名
50枚
新聞
4枚
遊々亭 駿河屋潤んだ瞳 立夏
4枚
遊々亭 駿河屋謎多きの少女 葵
3枚
遊々亭 駿河屋気持ちのゆらぎ 美琴
2枚
遊々亭 駿河屋お寝坊 姫乃
2枚
遊々亭 駿河屋食欲の秋 シャルル
2枚
遊々亭 駿河屋雪の日の登校 シャルル
4枚
遊々亭 駿河屋初夏の夢 葵
2枚
遊々亭 駿河屋ウェディングドレスの美琴
2枚
遊々亭 駿河屋初夏の夢 姫乃
2枚
遊々亭 駿河屋はぐれる美琴
1枚
遊々亭 駿河屋フラワーズは大忙し! 葵
1枚
遊々亭 駿河屋とっても幸せ 葵
1枚
遊々亭 駿河屋律儀な腹ペコ珍獣 美琴
1枚
遊々亭 駿河屋パワー充電! 葵
2枚
遊々亭 駿河屋ホラーは苦手
4枚
遊々亭 駿河屋共に歩む未来 姫乃
3枚
遊々亭 駿河屋聖夜の輝き さら
2枚
遊々亭 駿河屋もっと素直に 美琴
4枚
遊々亭 駿河屋夢だけど……
4枚
遊々亭 駿河屋みんなでお花見

このリストはガチャログ.comによって作られました。
このリスト登録番号「49845501」をガチャログで編集できます。
※表示されているレイアウトなどはガチャログ様から出力されたHTMLに手を加えています

新聞デッキの注目カード

潤んだ瞳 立夏

潤んだ瞳 立夏


手札のクライマックスを控え室に置くことで、
控え室からコスト0のキャラを場に出すことが出来る能力。

1コストと自身を思い出に置くことでデッキの上から4枚見て
「新聞」か「生徒会」のキャラを手札に加えることが出来る能力も持っています。

今回は「新聞」を参照しますが
「生徒会」デッキにも使うことが出来る汎用性の高いカードです。

このデッキには集中が「お寝坊 姫乃」しか入っていませんので
序盤にデッキを減らしたい時に使っていきたいカードです。

収録パックは「D.S. -Dal Segno-」&「D.C.Ⅲ With You ~ダ・カーポⅢ~ ウィズユー」
大体4年前のパックになり、新規追加の告知もあり
高騰と在庫減少が発生していますので
「新聞」や「生徒会」デッキを組もうと思っている方は、
早めに集めたほうがいいかもしれません。

初夏の夢 葵

初夏の夢 葵


レベル1のメインアタッカーです。
クライマックス連動で相手のキャラをリバースさせた時、
デッキの上から4枚見て「新聞」か「ウェイトレス」のキャラを手札に加えることが出き、自分のキャラ1体をパワー上昇できます。

素のパワーが6500、クライマックスやクライマックスコンボで
またパワーを上げることが出来るので、リバースさせて効果発動は
狙いやすいかと思います。

後ろに「フラワーズは大忙し! 葵」を出しておくことで仮にパワーが負けてもアンコールすることが可能なので積極的に出していきたいキャラです。

こちらも収録パックは「D.S. -Dal Segno-」&「D.C.Ⅲ With You ~ダ・カーポⅢ~ ウィズユー」になります

フラワーズは大忙し! 葵

共に歩む未来 姫乃

共に歩む未来 姫乃


登場時に手札を1枚捨てることでクロックの上から1枚をストックに置く能力と、場に「新聞」のキャラが他に2体以上いればパワー上昇とバトル時の助太刀を封じることが出来ます。

「ホラーは苦手」を打ちやすくするためには場に残り、ストックを用意する必要があるのでその二つを満たしやすくする1枚です。

収録パックは「エクストラブースター ダ・カーポ vs リトルバスターズ!」になります。

デッキの動かし方

序盤

「謎多きの少女 葵」「初夏の夢 葵」を中心にバトルに勝ちつつ「潤んだ瞳 立夏」でデッキを減らして早めのリフレッシュを狙います

パワー不足やバトルに勝てない場合は「ウェディングドレスの美琴」、「初夏の夢 姫乃」を使用し相手のキャラを倒していきます。

中盤

「聖夜の輝き さら」を早出しし、「フラワーズは大忙し! 葵」、各助太刀で場に残しながら場に展開します。
終盤に備え、「ホラーは苦手」、「共に歩む未来 姫乃」を集めます。

終盤

「共に歩む未来 姫乃」を展開しつつ、後列には「フラワーズは大忙し! 葵」、「律儀な腹ペコ珍獣 美琴」を出し、バトルに勝ちます。

「ホラーは苦手」を使用しダメージを極力受けないようにして勝利をめざしましょう!

D.C.Ⅲについて

さて、ここからはD.C.Ⅲについて解説します。
D.C.Ⅲのキャラは
容姿がそっくりなのに名前が違う
ことが多々あります。

「森園立夏/リッカ・グリーンウッド」
「芳乃シャルル/シャルル・マロース」
「葛木姫乃/葛木姫乃」
「瑠川さら/サラ・クリサリス」
「陽ノ下葵/陽ノ本葵」
etc…

これはD.C.Ⅲが
初音島編」と「風見鶏編」に
分かれているからになります。

「初音島編」は、文字通り「初音島」を舞台にしたストーリーで、
上記5人は「公式新聞部」に所属しています。
(美琴は「公式新聞部」所属)

それと別に立夏、シャルルは「生徒会」に所属。
さらは葵は「女子ソフトボール部」に所属しています。
その部分が各キャラの特徴に反映されています。

「初音島編」は

  • 各キャラの日常パート
  • 風見学園での出来事、
  • 「枯れない桜」の調査

この3つがメインのストーリーとなり、
桜の木の下で「芳乃さくら」から「風見鶏」で
起きた出来事と魔法についての話を聞くことになります。
FDではこれ以降の話として各ルートに分岐されていきます。

「風見鶏編」は、現在から100年以上前の
イギリス・ロンドンが舞台の話となります。

主人公「葛木 清隆」は「葛木家のお役目」を
解決するべく、魔法を学んでいきます。

やってきたロンドンでは、
霧が発生し所々で、事件が発生しています。

それを解決しつつリッカが連れてきた
桜の枝を携える少女」の
面倒を見ることになります。

各ヒロインと結ばれる個別ルート、
そして世界がループする謎を調査し
原因である「陽ノ本葵」それと
リッカ、シャルル、姫乃、サラとともに
ループから脱出する方法を探します。

全ての原因である魔法を突き止め、
解決するために尽力します。

その際にリッカが残した「メッセージ」が
100年の時を超えて「公式新聞部」の元に送られることになります。

「メッセージ」は
「みんなでお花見しようね!」
というものであり、100年越しに
さくらを含めた全員が集まりお花見することになります。

[みんなでお花見]

さくらの話から生まれ変わりであることを知った面々は
主人公との距離感が変わり、
それぞれの利点を生かしたアピールを仕掛けたり、
各々が抱えていたものを解決したりとFDに続いていきます。

そして魔法が使えるようになり
立夏は代々続く”鬼の力”を持つ「桜内音姫」の問題に、
シャルルはアイシアの問題を解決することとなります。

ちょっと”アレ”なイラストもGOOD

今回のデッキで採用しているのもいくつかあるこのシリーズ。
収録はすべて「D.S. -Dal Segno-」&「D.C.Ⅲ With You ~ダ・カーポⅢ~ ウィズユー」になります。

各ルートのほにゃららシーンから
うまーくトリミングしたシーンになります。
珍しくヴァイスが攻めたイラストを用意してきました(※To LOVEるを除く。個人の感想です)

公開された日には自分の周りだけかもしれませんが
結構盛り上がっていました。

大丈夫なのこれ…?」という理由で
もうサービスは終了してしまいましが
「ChaosTCG」でもD.C.シリーズは収録されており
そっちは年齢層が高いからか
もうちょっと際どいイラスト
で収録されていたりします。


「全体CGはどうなってんねん!」
と気になる18歳以上の方々は
ゲームをプレイするのをオススメします!

「美琴」⇒サブキャラからヒロインへ

気持ちのゆらぎ 美琴


初音島編に登場し「非公式新聞部」に所属しています。
本編ではサブキャラでしたがFDにてヒロインに昇格します。

昇格した際に今まで隠されていた苗字が

「白河」
であることがわかります。

「白河」といえば
美人で歌が上手い、その上人がいい。
ということで各シリーズで登場してきたキャラ達ですが
美琴は異なり、そして
「白河」という性が好きではありません。

D.C.Ⅱに登場する「白河 ななか」とは知り合い・・・
というか親族なのでもちろん知っていますが
容姿を比べ劣っていると感じ、
交流が薄くなりつつあります。

そうして自分に自信がない美琴でしたが、
主人公と一緒にいることでミスコンに出たりと
自分を少しずつ変えていきます。

本編では
「生意気だけどまあまあ可愛い女の子」
から
「FDではしっかりヒロインとして活躍する女の子」
になるのでそのあたりの変化を楽しめるキャラです。

終わりに

いかかでしたでしょうか?
今回は「新聞」を中心とした紹介となりました。
今回あまり紹介できなかった
立夏、シャルル、姫乃、さら、の4人に関しては
別の記事で紹介しようと思いますので
よろしければまたお付き合いください。

感想やコメントがあればTwitterやコメント欄で、
受け付けていますのでよろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!


D.C.4 ~ダ・カーポ4~ [初回限定版]

ヴァイスシュヴァルツ CIRCUS 20th anniversary|を駿河屋d検索

タイトルとURLをコピーしました